2018年 7月 19日 (木)

iPS細胞の山中伸弥教授、ウルフ賞受賞

印刷

   優れた科学者、芸術家に与えられるイスラエルのウルフ賞の授与式が2011年5月29日、エルサレムで行われ、医学部門で受賞したiPS細胞(人工多能性幹細胞)開発者の山中伸弥・京大教授に賞状、賞金が贈られた。ウルフ賞はノーベル賞の「登竜門」とも言われており、日本人では過去に小柴昌俊氏(物理学)、野依良治氏(化学)が受賞後にノーベル賞に輝いている。

   iPS細胞研究者のマサチューセッツ工科大学のルドルフ・イェーニッシュ教授との共同受賞で、計10万ドル(約810万円)を贈られた。日本人としては9人目の受賞で、医学部門では3人目。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中