4月の鉱工業生産指数、前月比1.0%上昇 5月は8.0%上昇を予測

印刷

   経済産業省が2011年5月31日に発表した4月の鉱工業生産指数(2005年=100、季節調整済み、速報値)は前月比1.0%上昇の83.5で、2か月ぶりに上昇した。

   出荷指数は2.7%低下して82.7。在庫指数は0.5%上昇の98.2。在庫率指数は14.5%上昇の124.4だった。

   東日本大震災の影響で、最大の下げ幅(15.5%低下)となった3月からの反動増とみられる。ただ、部品の供給網がまだ復旧していない業種も少なくない。経済産業省は基調判断を3月の「急激に低下した」から「依然水準が低く停滞しているものの、先行きについては回復が見込まれる」に変更した。

   先行きは、5月が8.0%上昇、6月は7.7%上昇を予測している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中