福島原発、事故処理に6~20兆円 シンクタンクが試算

印刷

   東京電力第1原発の事故で、1~4号機の廃炉や避難者への所得補償にかかる費用は5兆7000億円~20兆円にのぼるとする試算を、民間のシンクタンク「日本経済研究センター」がまとめた。同センターが2011年5月31日に開かれた内閣府原子力委員会の会合で報告した。

   所得補償は、原発から半径20キロ圏内の避難者に限定している。廃炉費用は不確定要素が大きく、金額も大きくぶれている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中