ショートメッセージ、別会社の携帯とも送受信可能に

印刷

   NTTドコモなど携帯電話5社は、「ショートメッセージサービス(SMS)」について2011年7月13日から異なる会社の端末を使っている携帯ユーザーの間でも利用できるようにする、と6月1日発表した。これまでは同じ会社の端末同士でしか送受信できなかった。

   相互利用できるようになるのは、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイル、イー・アクセス、沖縄セルラーの5社。SMSは、メールアドレスが分からなくても電話番号が分かれば短いメールを送ることができるサービス。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中