枝野官房長官「首相、長く居座る気ない」

印刷

   菅直人首相の退陣時期について、枝野幸男・官房長官は2011年6月4日のテレビ東京の番組で、「(菅首相は)そんなに長く居座る気持ちはない」と述べた。菅首相の退陣発言をめぐっては、鳩山由紀夫・前首相らが「6月中にも、という話だった」と主張する一方、菅首相は12年1月ごろまで続投する可能性を示唆したとして、民主党内で「菅降ろし」が再燃している。

   また、菅首相と鳩山氏の主張が真っ向から食い違いをみせていることについて、枝野長官は「申し訳ない」「恥ずかしい」「責任を感じている」などと述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中