2019年 8月 20日 (火)

ポンパレの価格表記に批判 リクルートが販売停止措置

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   リクルートが運営するクーポンサイト「ポンパレ」で、ある商品の価格が「不自然だ」とネット上で話題になっている。違法性はないというが、指摘を受け同社は販売を停止する措置をとった。

   問題となっているのは、トレンドワンというECサイトが出品している商品。ハンドルを手で回すと充電ができる中国製の懐中電灯で、携帯電話の充電やラジオ機能もある。「災害時やアウトドアでも大活躍」と謳っている。

同じような商品が別サイトで2000円

「54%オフ」ということだったが……。
「54%オフ」ということだったが……。

   これが2011年6月7日、ポンパレ上で送料込みの通常価格8715円を54%オフの3980円として販売された。

   メーカーや詳細な型番が記されていないのではっきりとはしないものの、これと同じ商品名で見た目もそっくりの中国製充電式懐中電灯が、他の複数のサイトで希望小売価格3500円となっていることが発覚。安いところでは2000円などで売られている。

   これが2ちゃんねるなどで話題になり「詐欺じゃないのか」といった書き込みが多数寄せられた。

   しかし、希望小売価格に強制力はなく、景品表示法のガイドラインではセール期間から遡って8週間のうち4週間以上その価格で販売していたという実績があれば通常価格として認められる。通常価格8715円で4週間以上売っていたということになれば法律的には問題ない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中