「モバゲー」に排除措置命令 「グリー」への取引妨害

印刷

   公正取引委員会は2011年6月9日、携帯電話向けソーシャルゲームサイト「Mobage」(旧モバゲータウン)を運営するディー・エヌ・エー(DeNA)が、独占禁止法に違反したとして、再発防止を求める排除措置命令を出した。

   公取委によると、DeNAは10年7月以降、「モバゲータウン」のゲームの提供元である開発会社に対し、競合相手のグリーにゲームを提供しないよう圧力をかけていた。これが独占禁止法で禁じている「競争者に対する取引妨害」に当たるとした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中