飯能―立川―府中と続く「立川断層」 ベッドタウンの直下地震が危ない

印刷

   政府の地震調査研究推進本部が、将来の地震発生確率が高まる可能性がある断層帯として、宮城県亘理町から福島県南相馬市にまたがる「双葉断層」と、埼玉県南西部から東京多摩地域に延びる「立川断層帯」、糸魚川‐静岡県構造線活断層帯のうちの牛伏寺断層(長野県)の3か所の存在を明らかにした。... ...
[記事に戻る]

001
えーとね 2011/6/11 00:47

湾岸のマンションが売れなくなったので、内陸も危ないぞというレポートが出たようにしか見えない。

002
ヒデさん 2011/6/11 04:33

実は私、当該地域に住んでいて困惑している。なにしろ立川断層なんて初めて知った。正に"寝耳に水"なのだ。震度6の大地震に注意してほしいと言われても、引っ越すこともできないし、取り敢えず何をしたらいいのだろうか。

003
2011/6/11 08:39

 平均活動間隔が1万~1万5千年の立川断層の場合、毎年同じ確率で地震が起きるとすると30/10000~15000=0.2~0.3%となる。
ところが現状は0.5~2%と明らかにそれより高くなっていることから、今すぐ起きてもおかしくないぐらいの逼迫度ということ。
どこかの総理大臣の様に数字の大小だけで判断すると、痛い目にあうので注意した方が良い。

004
周期の誤差が大きく、心配無用―むしろ立川の場合は別の問題があるMonchat 2011/6/11 14:37

この記事はきちんと冷静に書かれているが、読む人が神経質だったら、かなり動揺するに違いない。合理的な思考の人は、1万数千年毎の周期だったら、誤差も千年前後と大きいので、何ら心配はしないだろう。
 今度の大震災であまり知られていない側面は、地震や津波の被災ばかりでなく、被災そのものはしないが避難してくる被災民受入れで生活ががらりと変る地域である。被災民は本来適宜、最寄の避難センタに行くことになるが、実際にはそこまでの通過途中で何らかの理由(負傷、恐怖、疲労等)で民家にお世話になる。これが数家族程度なら問題ないが、数千という単位となると、通過途中の住居地域の家の負担は救いたいという好意があるだけに大変な重荷になる。立川の場合、むしろ心配しなければならないのは埼玉や東京北部から移動してくる避難民をどうするかの問題ではないだろうか。交通の渋滞もあるだろうし、公園はテント村となりやすい。

005
浜岡は原発の関係で 2011/6/11 23:06

原発の関係で、菅さんも地震予測データを持ち出して、無理くり停止に持ち込んだが、同じように地震や噴火?予測を他の地域別でもやるべきじゃないのか?
浜岡は、関東人への影響を考えての事だと思うが。

006
悪魔 2011/6/12 12:07

どこに住んでいようと国内は常に地震と共存していかねばならないのだからやはり耐震強化と各家での避難グッズの備蓄ではないのか。ただし持って避難できるだけの物に限るのだが。もうカウントが始まってるとか呷られてもどうすることもできない。ましてや貧乏な我が輩はよけいそうなのだ。

007
つーかさ 2011/6/12 15:54

心配無用というか心配するだけ無駄。
「杞憂」の語源と同じで
心配してもしょうがない事。

008
2011/6/12 19:25

 誤差も千年前後と大きいのは確かだが、それを書いてしまうことで地震対策は不要という短絡的な発想をする人が出るのが一番怖い。
立川断層沿いは人口密集地かつ建物が脆弱な温暖地域なので、地震時の火災対策は建物が丈夫な積雪寒冷地よりも厳重に行う必要があるし、自衛隊や米軍等による支援も被災者が多過ぎて長期間できない地域も出かねないから非常食も多めに用意しておいた方が良い。
そういう意味では、立川断層沿いに限らず関東以西の人達(沖縄を含む)は次は自分が被災者になるつもりでいないと駄目だし、(日本海岸を含む)東北地方の人達だって生きているうちにあと1~2回大きな地震と津波に襲われるつもりでいた方が良い。
北海道は…、根室沖とそれ以東、十勝沖、黒松内低地断層帯、稚内近郊辺りが既知の危ない所なので、それらへの対応が必要(おおざっぱにいうと、北海道と山陰は日本で一番安全な地域の一つ)。

009
この国に 2011/6/12 21:16

どれだけ断層があると思ってんだよw
未調査含めたら断層ないところが不自然だよw

010
(゚∀゚) 2011/6/13 01:11

こういう地震があったから大きく取り上げられてるけど
けっこう前から立川断層あぶないっていわれてたし
今さらニュースにしてもねー

011
hato 2011/6/13 02:20

関東地方はいわば四角い容器に満たされたゼリーのような構造をしている。
その容器の西の壁面が糸魚川-静岡構造線で東の壁面が、柏崎-千葉構造線。
その間が、フォッサマグナ地帯でその地質構造が、ゼリーのようだということ。
そして、3月11日の地震はそのゼリーの入った容器をハンマーで外から殴ったようなもので、関東地方で頻発していた地震は、そのゼリーがプルプル揺れていたようなもの。
そして、その振動のエネルギーが、糸-静線や柏-千葉線上で集約されて、長野や静岡、新潟、千葉、茨城の直下型地震を誘発した。
問題の立川大断層は、フォッサマグナ地帯の中心に位置しているのだと思う。
これまで、フォッサマグナ地帯の外周部分で直下型地震が頻発していたから、そんなに遠くないうちにその中心部分で、これまで蓄積されていたエネルギーが開放されるということだろう。
で、結局は自然の力の前には人間は無力だということ。

012
リスク 2011/6/13 09:26

リスクは誰でも持っている。
今回はたまたま、三陸沖だっただけ。

次は誰にも判らない。

一部の学者が予知なんてほざいているが、あたった試しがない。

占い師の戯れ言は論外。

ただし、人口密度の高さと軟弱地盤、そして火災に津波は被害を増幅させる。特に津波と火災の破壊力はすさまじい。

リスクを減らす自衛行動は必要。

013
埼玉や東京北部から立川へ避難? 2011/6/13 10:15

状況が想定できない。それこそ杞憂。でかい公園は断層の真上にある。ヘリポートも救急病院も。立川から北へ避難は大いにありそうだが。

014
結局、運の問題 2011/6/13 11:52

運が悪けりゃ被害に巻き込まれるし、運が良ければ大丈夫。
適当な情報に惑わされて右往左往した所でどうしようもないよ。

015
いまさらって感じ 2011/6/13 14:43

前々からかなり危ないと言われていたし。
しかしながら、今回の一件で周知されたのは大変良いことだと思う。
悪徳ゼネコンや不動産デベロッパー等、これ以降の販売で免責を求めるのが難しくなると思うし・・・。

016
いまさら 2011/6/13 15:15

震度6なら新しい建物なら大丈夫だし、津波が来ない場所だから心配しなくていいのでは?

017
そういえば最近地震予知アラーム鳴らない 2011/6/13 16:12

あれ全然あてにならないから止めたのかな?日本にいる限り100%絶対安全という場所はない地震、台風、津波、洪水、雪害、、何かしらのリスクは必ずあるしかしその代わりに肥沃な大地にし温泉やおいしい水や食べ物豊かな恵みをもたらしてくれる。怖いのは当然だが一番怖いのは人間のエゴ。文明は自然には所詮敵わないだから自然を受け入れる日本の風土に合った生活スタイルにするしかない、戦後日本はその事を無視し過ぎた今は発想の転換時期に来たと思う。これからは壊れてもすぐに再生再利用できるものを作る。一度壊れたら全てがゴミになるような材料は扱わない。原発なんてもっての外。本来日本は再生力が高いこれだけ活断層があるのだから壊れるの前提でそのかわり再生力を強くと言う発想に転換するしかないその弊害になるなる物は全て排除する今回も原発さえなければ畑仕事も魚釣りもすぐ出来た。

018
ふざけんな 2011/6/13 16:26

まともに地震予知すら出来ない連中が考え出した「断層理論」自体怪しい。
断層の上だろうが横だろうが、直下型がきたらその地域は終わりだよ。
もはや断層なんてただの利権装置だろ

019
2011/6/14 05:48

 予測や予知についてあれこれ言っている人がいるが、政府の地震調査研究推進本部は既知の断層等についての長期予測としては悪くない。
ただ、地震調査研究推進本部も認めるように過去に例のない規模の地震(3/11の地震がまさにそう)や未知の断層等は無理だが。
 で、中期予測として実績があるのは微小地震の震源分布を基に歪みがたまっている領域を探す木村政昭琉球大学名誉教授 http://web.mac.com/kimura65/Site2/Home.html ただ一人(100%あたるわけじゃないが、イオンや電波とは比較にならないぐらいあてになる)。
3/11の地震も4年前に1回警告している。6/8の記事にも、3/11の地震の最大余震域として宮城県沖の太平洋プレート側より房総沖の北米プレートの方が危ないと警告している。
またこの三つが連動すると貞観地震級のM8.4を超える可能性もある。(続く)

020
2011/6/14 06:07

(続き)
また6/5の記事によると小田原から南海沖には今すぐ地震を起こすような歪みは見つかっておらず、東海地震を心配するより富士山の大噴火の方が切迫している状況だ(新燃岳等の噴火直前と同じような状況になっているため)。
 長期的にも伊豆−小笠原諸島と沖縄本島を含む南西諸島北半部でM9級の地震が起きる可能性がないかを本格的な調査を行い研究すべしとも言っている。
三陸沖北部ー千島沖は…、ここ20年間の地震の起き方からして、今回ではなく次回のM9級頻発期ですかねぇ。
 ついでに四国の伊方原発付近から関門トンネル付近にも今すぐ地震を起こしそうな歪みがあるそうだ。この歪みが別々に動けばよいけど、関東大震災の様に連動して双子地震となったら、予想外の津波になる可能性もある。
10m越えの津波になると伊方原発の敷地が浸水するので、古い設計の1・2号機は津波と停電対策を急ぐ必要があるだろう。

021
ふざけんなこそふざけんな 2011/6/14 09:57

阪神大震災では断層の上と横で震度から被害からまったく違った。

022
>>021 2011/6/14 11:56

阪神淡路以降建築物の耐震基準も変わってるけどな。

023
既存不適格 2011/6/14 16:20

阪神淡路以降建築物の耐震基準も変わってるけど、新宿と立川の間には、大地震で倒壊→炎上しそうな建物が、補強もされないままにいっぱい残っている。

024
西立川 2011/6/30 23:13

地震が起きる確率が高いと言われた断層3ヶ所のうちの1ヶ所(長野)で地震が起きたわけだ。

025
2011/7/ 2 06:50

>>024
 牛伏寺断層を含む区間はM8級が予想されているから、今回の地震は寝返りにもならない程度のもの。それだけに、これから本番が来るつもりで対策を急ぐ必要がある。

026
匿名 2011/7/12 19:49

飯能は地盤硬いから安心なんじゃないの?名栗は確かに山と川だから前から土砂災害に注意とか市内で避難訓練する地域。飯能は広くて名栗と入間市手前の地域は離れているけど、その規模だと飯能全体がかなり被害出るのかな。怖いよ。

027
最近思うことがある 2011/7/13 11:11

日本列島は、プレートの上にある。

研究者の学問としての研究は不要とは思わないが、防災には、役立たない。

理由は「精度」だ。 避難に役立つ精度が無いのでその警告も使いようがないのが実感だ。


大混乱を引き起こすであろう「首都圏」での巨大地震は、停滞した日本の現状を打破するための「リセットボタン」になるのではないかと思う時がある。
 
最近の仕事をしない役人や無能な政治家、そして大企業のエゴを見せつけられると、より強くそう思う。

起こるなら早いほうがよい。

そして若い力で再生しよう。仕事をしない役人や無能な政治家は総入れ替えだ。

028
みみ 2011/7/19 19:30

このニュースの別の記事で、湾岸部が液状化現象のため、今、国立や立川の武蔵野が人気って書いてあったの覚えてるよ。立川が武蔵野かはよくわからないけど、断層あるのにねーっておもった。そしたら、今度はこの記事w

029
きにまる 2011/9/12 22:07

日本で今一番危ないと発表された立川断層帯のM7.4地震が起これば同じく震度7弱に見舞われる地域に住んでいるので明日は我が身かも知れない…と思っている今日この頃です。。
東日本大地震で引っ張られた影響といえども、断層地震がどのくらい早まる確率があるかは誰にも解りません。。
ちなみにうちのマンションは昭和52年建設なので耐震性にはかなりの心配が…
東京は千葉房総沖、三浦半島の断層や東海地震が起きても大きく揺れる地域になります。。
引越や建て替え、ましてや断層上の立川駅周辺を取り壊そうなんて事は現実問題、直ぐには出来ないので大火災だけは最低限に抑えされるよう、町ごとにしっかりした防災設備がが必要だと思います。
地盤の強弱や場所により揺れも異なるので生き残りは、もはや運としか言いようがないですよね。「大地震が来るかも知れない」という心と避難グッズの準備はしつつ、来ない確率に願いを込めた日々を過ごしたいと思います。。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中