広州で1000人規模の大暴動発生 パトカー次々と破壊し、建物に乱入

印刷

   中国・広州市郊外で大規模な暴動が発生した。加わった人数は1000人に達し、警察車両を次々に破壊。建物に押し入って設備をたたき壊す映像もインターネット上に投稿されている。

   北アフリカのチュニジアで起き、中東に連鎖した「ジャスミン革命」と名付けられた民主化運動を、中国でも実現しようと先導するグループも、今回の暴動の様子を執拗に発信している。

車にはねられたように倒れた女性の姿

民主化運動支持のブログで伝えられた「広州暴動」
民主化運動支持のブログで伝えられた「広州暴動」

   香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニングポスト」は2011年6月13日、広州市の東側に隣接する増城市で発生した暴動の様子を伝えた。12日ですでに発生3日目を迎えており、21時ごろに市内の新塘地域に1000人を超える出稼ぎ労働者が集結、デモ行進を始めたという。

   発端は6月10日、四川省出身の20歳の女性労働者が、新塘にあるスーパーの前で治安当局者に暴力を振るわれたことだ。女性は出稼ぎの露天商で、妊娠中だった。当局側は女性の露天販売をやめさせるための措置だと弁解したが、同じように出稼ぎに来ている人たちの怒りをかってしまったのだ。

   デモ隊の向かった先が高級住宅街だったこともあり、警官隊が待ち受けて道路を封鎖。一部暴徒化したデモ参加者が、車を壊したり建物に侵入してガラスを粉々にしたりと大暴れした。中国国営の新華社通信も、暴動の発生を認める一方で、「デモ隊は警察により排除された」と報じた。

   インターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」には、暴動を撮影したと思われる映像が公開されている。6月11日付の動画には、夜に集まった無数の人々がシュプレヒコールを上げている様子や、路上に転がる何台ものバイク、横倒しになったパトカーが次々と映し出される。撮影者はかなり足早に移動しながら撮っているが、時折、車にはねられたように倒れた女性や、車体に血痕のようなものがべっとりと付いているシーンなど、生々しい光景が続く。また12日付の動画は、道路のあちこちで火の手があがり、暗闇の中で真っ赤に燃え上がる複数の炎が暴動の激しさを表している。

   各動画のコメント欄には、「反中国分子は『雨後のタケノコ』のように現れている」「共産党は消滅だ。中国人民よ立ち上がろう」など、暴動をあおるような内容が見られた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中