「5~10年以内に原発撤退」共産党が提言

印刷

   共産党は5~10年以内に原子力発電所から撤退することを求める提言をまとめ、2011年6月13日、志位和夫委員長が発表した。提言では、現在の電力消費量を10%程度削減した上で、太陽光・風力などの自然エネルギーの発電量を2.5倍程度に引き上げれば、原子力の発電量をまかなえると主張している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中