2019年 12月 12日 (木)

「アコギということだけは押さえた方がいい」 伊集院光がAKB総選挙めぐり「苦言」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   タレントの伊集院光さんがラジオ番組の中で、AKB48選抜総選挙を巡る報道のあり方に疑問を呈し、ネットで話題になっている。

   2011年6月14日未明放送された、伊集院さんがパーソナリティを務めるラジオ番組「伊集院光の深夜の馬鹿力」(TBSラジオ)の中で、AKBについての話題が出た。

「コメンテーターが全員『AKBは面白い』でいいの?」

   番組に「AKB総選挙をどう思いますか」といったメールが多く寄せられたといい、伊集院さんは、「AKBにはそんなに興味はないです」と前置きした上で、

「俺の中で行き着いたのは、アコギだなってことは押さえておいた方がいいと思う」

   AKB選抜総選挙は、モバイル会員になったり、CDを買ったりすることで投票ができる。そのため、お気に入りのメンバーを上位に入れるため、一人で何千枚もCDを買うファンもいる。

   こうした状況について伊集院さんは、総選挙に出場するAKBメンバーや、CDを買って投票するファンは自由だし、アコギだとわかっていてもお金を出してしまうことはもう仕方がない。だが、AKB総選挙の報道のされ方に問題があると指摘する。

「ニュースで取り上げたときにコメンテーターが全員右へならえで空気読んで『面白い』でいいの? 楽しむことは自由だけど、秋元康のやり方はアコギということに関して何も言わなかった奴がテレビのコメンテーターとして世の中を斬るのはどうなの?」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中