2019年 12月 15日 (日)

松坂大輔右ひじ手術の衝撃 日本人の大リーグ移籍に逆風

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

第2の村田兆治になれるか

   地元ボストンのメディアによると、手術をした投手のうち、カムバックしたのは85%、とのこと。しかも主力として再起する確率はかなり低い。それを松坂は気にしていた、と関係者は語る。

   肘の故障は先発完投型投手の宿命といっていい。史上最高の左腕ともいわれるドジャースのサンディ・コーファックスは2年連続最多勝、防御率1位に輝きながら「肘がもたない」と現役引退。「その後の人生を考え」て手術をしなかった。

   手術が有効であることを証明したのは、やはりドジャースのトミー・ジョンだった。手術後の1975年、1シーズンをリハビリに充てて完全休養。76年に復帰し20勝を挙げた。

   ジョンを手術したフランク・ジョーブ博士に委ねたのがロッテの村田兆治。「考えつく治療を試みたが、効果がなかった」すえの決断で、83年の1年を欠場した後、翌年カムバックして「まさかり投法」がよみがえった。日曜日に先発登板する「サンデー兆治」として話題となったものである。

   巨人の桑田真澄もジョーブ博士の手術を受けたが、かつての力は戻らなかった。松坂は当然「第2の兆治」目指す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中