汚染水浄化装置、本格稼働後5時間で停止

印刷

   福島第1原発で2011年6月17日夜、高濃度の放射性汚染水を浄化する装置の本格稼働が始まった。しかし約5時間後の18日未明、東京電力は運転を停止した。放射性セシウム吸着が、早くも基準量に達したためという。基準量到達は、想定では1か月程度先だった。東電が18日午前、発表した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中