2019年 2月 24日 (日)

「2位じゃだめ?」発言のおかげか 日本スパコン、世界一を奪還

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   日本のスーパーコンピューター世界一奪還は蓮舫氏のおかげ――かつての事業仕分けで出た蓮舫氏の「2位じゃダメなんでしょうか」発言について、こんな「高い評価」も出る一方、蓮舫氏本人は「メディアが勝手に短い部分を流した」と報道陣に不満を述べている。

   高木義明・文部科学相は2011年6月21日の会見で、日本のスパコンが7年ぶりに計算速度の世界ランキング1位に選ばれたことについて、蓮舫・行政刷新担当相の以前の発言との関係をこう語った。「科学者が発奮し、むしろバネになった」。

「メディアが勝手に短い部分を流した」

蓮舫大臣のおかげ?
蓮舫大臣のおかげ?

   一方、蓮舫氏は6月20日、「世界一」について「きわめて明るいニュース」と歓迎しつつ、自身のかつての発言について聞かれると「メディアが勝手に短い部分を流した」「コメントの前後をみていただければ間違った報道」と指摘した。

   「2位じゃダメなんでしょうか」発言は、2009年11月の事業仕分けの中で出た。ほかの「評価者」からも疑問が相次ぎ、10年度のスパコン開発予算は「凍結」「見直し」と判定された。

   厳しい口調で文部科学省の担当者らに切り込む蓮舫氏のこの発言部分の映像は、テレビでも何度も繰り返し放送された。翌10年には新語・流行語大賞にノミネートされる程有名になり、蓮舫氏をイメージしたパロディのテレビCMも登場した。

   一方、同発言に対しては、ノーベル賞受賞者らが会見して「(1位を)目指さなければ2位、3位にもなれない」と反発するなど批判もあった。

   10年度スパコン予算は、結局は認められている。文科省によると、今回「世界一」になったスパコンはまだ開発途中で、2012年6月の完成を目指している。能力はさらに向上するわけだ。完成を予定より約半年前倒しさせるため、10~11年度の2年間で600億円(スパコン本体開発)を見込んでいたが、事業仕分けを受けて前倒し分が削られ、10~12年度の3年間で490億円の元の線で落ち着いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中