2019年 11月 21日 (木)

「カンボジア代表」で五輪目指す猫ひろし 国籍取得の「壁」くぐりぬける方法

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   お笑い芸人の猫ひろしさんが、2012年のロンドン五輪のマラソン競技に「カンボジア代表」として出場するため、同国の国籍を申請した。カンボジア五輪委員会の理事長を伴って会見し、真剣さをアピールしてみせた。

   だが国籍を取得するには、カンボジアに7年以上住み、言語に堪能であるなど諸条件がある。簡単にクリアできそうにない内容だが、大丈夫なのか。

投資2500万円、寄付2000万円で「免除」

なぜかカンボジア五輪委員会のサイトに登場
なぜかカンボジア五輪委員会のサイトに登場

   猫さんのマラソンの実力は本物だ。2011年2月27日に開かれた東京マラソンでは、2時間37分49秒をたたき出した。初出場だった3年前の記録から1時間10分ほど更新している。ただし、日本のトップレベルには及ばない。3月6日に開催され、国際大会の代表選考会も兼ねる「びわ湖毎日マラソン」のタイムに当てはめると、151位にとどまる。とても「日本代表を目指す」というレベルではないのだ。

   そこで猫さんが考え出したのが「カンボジア代表で五輪のマラソンに出る」という離れ業だ。カンボジアから08年の北京五輪に出場したヘム・ブンティン選手のタイムは2時間26分台。日本代表クラスと比べれば、代表権を勝ち取る可能性は高くなる。

   五輪憲章では競技者の国籍について、その競技者の参加登録を行う国の国民でなければならないと定めている。つまり猫さんがカンボジア代表となるには、カンボジア国籍の取得が絶対だ。カンボジアの国籍法を見ると、第4章に「帰化」の項目があり、諸条件が示されている。

   日本が生活の拠点である猫さんにとって最も高いハードルになりそうなのが、「カンボジアに7年間継続して居住していなければならない」という条項だ。正確には、同国の移民局が発行した居住証の受領日から7年、とある。さらに、帰化申請時に同国に住んでいること、カンボジアの公用語であるクメール語が話せて同国の歴史に関する理解もあること、なども条件だ。

   仮にこれらが満たせない場合でも可能性は残っている。別の条文を見ると、カンボジアの産業に2500万円以上の投資をした場合、あるいは国家に対して2000万円以上を寄付した場合は、「7年以上の居住」は免除されるとあるのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中