楽天、経団連を退会

印刷

   楽天は日本経団連へ退会届を、2011年6月23日付で提出した。「方向性の違い」(三木谷浩史社長)が理由としている。

   三木谷社長は5月に、ツイッターで電力会社の発送電分離に慎重な姿勢を示す経団連に対して、「電力業界を保護しようとする姿勢が許せない」などと批判的な発言をしていた。

   「政策が違えば、政党を離脱するのと同じだ」とも書き込み、脱会を示唆していた。

   経団連は楽天の退会について慰留しない見通し。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中