2018年 7月 20日 (金)

5月の自殺者急増、タレント自殺報道の影響か

印刷

   政府の「自殺対策タスクフォース」が2011年7月4日、内閣府で開かれた。朝日新聞によると、清水康之内閣参与(NPO自殺対策支援センター・ライフリンク代表)は、5月の自殺者急増について、有名女性タレントの自殺報道が影響した可能性があるとし、政府はメディア各社に報道ガイドラインの策定を呼びかけるべきと指摘した。

   5月の月別自殺者数は前年比19.7%増だった。内閣府が分析したところ、2011年初めからの自殺者数は1日平均82人だったが、人気女性タレントの自殺が報じられた翌日の5月13日から1週間は1日平均124人に増え、その半数以上が20~30代。特に女性の伸び率が高かった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中