トヨタ、子会社を再編統合 「日本のモノづくり」強化

印刷

   トヨタ自動車は、子会社のトヨタ車体と関東自動車工業を株式交換により完全子会社化すると2011年7月13日に発表した。完全子会社化は12年1月を予定している。また、関東自動車工業(岩手に工場)とセントラル自動車(宮城)、トヨタ自動車東北(宮城)の3社を、12年7月を目標に統合する。グループの総合力を高め、「日本のモノづくり」を強化する。

   完全子会社によってトヨタ車体は、ミニバン、商用車などの特定車種の企画・開発・生産を一貫して担当。関東自動車工業はコンパクト車両の企画・開発・生産を一貫して担当する。東北3社の統合は、東北を中部、九州に次ぐ「トヨタ第3の国内生産拠点」とするのが狙い。コンパクト車の企画・開発から生産に加え、ユニット部品の生産、海外事業支援業務までを含めた総合車両メーカーへの発展を目指す。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中