2019年 6月 26日 (水)

「ウィンドウズ8」とXboxが合体する? マイクロソフト「仰天プラン」の真実味

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   米マイクロソフト(MS)のゲーム機「Xbox360」が、同社の基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」の次期バージョンに組み込まれるのではないか、との話題が注目を集めている。

   仮に本当であれば、OSで圧倒的シェアを誇るMSが、ゲーム分野のライバルであるソニー・コンピュータエンタテインメントの「プレイステーション3(PS3)」や任天堂の「Wii」を一気に引き離す可能性が出てくる。実現性はあるのだろうか。

パソコンに組み込まれるとゲーム機が不要になる?

「Xbox360」が丸ごとウィンドウズに入るのか
「Xbox360」が丸ごとウィンドウズに入るのか

   MSは2011年6月1日、開発中の「ウィンドウズ8」の概要を映像で公開した。画面上にアイコンを表示していた従来のウィンドウズと違い、一つ一つのメニューが大き目の長方形をした「タイル式」インターフェイスに変更。画面に触れて操作できるような仕組みで、キーボードも画面をタッチして使えるようになっている。さながらスマートフォンのOSのようだ。

   このウィンドウズ8に、ゲーム機「Xbox360」の機能を取り入れる動きがあると、米ネットメディア「Teknylate」が7月5日に報じた。「パソコン(PC)でXbox360のゲームを楽しめるようになる」「ゲームソフトを(PCの)DVDプレーヤーに挿入するだけでよい」というのだ。

   実は5月にも別のテクノロジー系メディアが同様の話題を伝えた。「関係筋」の話として、PC版Xbox360は会員制にして、有料でオンラインゲームを配信するだろうと説明した。だがいずれの報道も、具体的な裏付けに乏しく憶測が先行している。

   ウィンドウズとXbox360が「合体」すれば、利用者はPC上で「ゲーム機」を起動し、ソフトを呼び出して遊べるようになる。インターネットに接続してオンラインゲームも楽しんだり、新しくソフトをダウンロードしたりも可能だ。こうなれば、現在販売されているゲーム機本体は必要なくなるだろう。

   据え置き型ゲームは現在、Xbox360とソニー・コンピュータエンタテインメントのPS3、任天堂のWiiがシェア争いを繰り広げる。北米ではXbox360が優勢で、米NPDグループの調査によれば2011年5月の月間販売台数はXbox360が前年同月比39%増の27万台で、PS3とWiiを上回った。だが欧州では事情が異なり、2010年の販売台数はPS3がXbox360より100万台多かったとの調査報告もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中