2018年 7月 19日 (木)

福島第1原発で電源トラブル 汚染水浄化装置また止まる

印刷

   東京電力は2011年7月22日、福島第1原子力発電所で同日早朝に電源トラブルが発生し、3号機の使用済み核燃料貯蔵プールの冷却装置や汚染水浄化システムが一時ストップしたことを明らかにした。配電盤のブレーカーが落ちたのが原因で、ブレーカーが故障した可能性もあるという。原子炉への注水は、別の電源を使って継続している。

   汚染水浄化システムは、前日の21日にも外部電源の切り替え工事で水位計の電源を落とした際、運転が止まってしまったという。稼働開始以来トラブルが相次いでおり、19日までの1週間の稼働率が53%と目標を大幅に下回ったことを東電が発表したばかりだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中