2018年 7月 21日 (土)

「家のテレビでまだアナログ放送が映る」 黒柳徹子の報告、一体どういうこと?

印刷

   黒柳徹子さんが、テレビ番組の中で、「終了したはずのアナログ放送がテレビに映る」と発言し、ネット上で話題になっている。「デジアナ変換」を行っているケーブルテレビにも加入していないというが、一体どういうことなのか。

   発言は、黒柳さんがゲスト出演した2011年7月25日放送のバラエティ番組「笑っていいとも!」(フジテレビ系)でのこと。

10チャンネルでテレビ朝日が映る

   そこで、最近驚いたこととして、「家のテレビ、アナログってとこ押すと今でも映るの」と報告。黒柳さんの話によると、7月24日、アナログ放送が終了したときにテレビを見ていた。もう見られなくなるものと思っていたが、アナログ放送にチャンネルを合わせてもちゃんと映ったので、「なんだ私のところは来てるじゃん」と思ったという。

   司会のタモリさんは「どっか間違えてるんですよ。アナログは終わったんです」と突っ込む。しかし、黒柳さんの家のテレビでは、地デジで5チャンネルのテレビ朝日が、アナログ放送で10チャンネルに合わすと映るというのだ。

   その後、スタジオにいた生野陽子アナウンサーが、ケーブルテレビに加入しているとデジタル波をアナログに変換する「デジアナ変換」だと、アナログテレビでも2015年春まで視聴できると説明。しかし、黒柳さんの家はケーブルテレビにも加入していないという。

「デジアナ」ロゴ、選挙期間中は出ない可能性も

   一体どういうことなのか。総務省の地域放送推進室によると、ケーブルテレビ局と個別に契約を結んでいなくても、マンションや集合住宅などで最初から入っているケースがあるという。なので、

   「引っ越して壁の端末に繋いで見ている人だと、実はケーブルテレビを見ていると気付かないことがあります」(総務省地域放送推進室)

   ケーブルテレビ事業者の9割強がデジアナ変換サービスを行っているという。ただ、デジアナ変換で映ったとしても、画面右上に「デジアナ」というロゴが出るので普通それで気がつく。だが、関東では7月31日に投開票が行われる埼玉県知事選の影響で、ロゴが出ないことあるという。

   「政見放送が流れるときにロゴは出さないということになっています。ただ、政見放送がの予定が変わることもあるので、万が一のことを考えて、選挙期間中はロゴをずっと出さない事業者もあります」(同上)

   ケーブルテレビ「J:COM」のジュピターテレコムでは、選挙期間中、NHK総合とEテレ(旧NHK教育テレビ)、テレビ埼玉の3チャンネルでロゴを出していない。広報によると、「選挙期間中は全てのチャンネルでロゴを出さないのが基本ですが、今回は7月24日のアナログ放送終了を挟んだので、混乱のないように政見放送のない他のチャンネルでは出すようにしました」ということだ。

   ということは黒柳さんの場合、マンション住まいで知らずにケーブルテレビに加入し、しかもそこが選挙期間中は一切「デジアナ」ロゴを出さない事業者だとしたら、気付かないでデジアナ変換放送を見ている可能性がある。

   黒柳さんの報告はネットでも話題になり、「ウチもマンションがケーブルテレビ局からテレビ放送を引っ張って来てるから、デジアナ変換で見れてる」「デジアナって右上に書いてないけど、アナログ見られるよ 不思議だけど、7月頭に慌ててテレビ買ってしまったわ 踊らされたのかな」といった反応が寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中