2018年 7月 22日 (日)

宮城県の肉牛も出荷停止

印刷

   宮城県産の肉牛から暫定規制値(1キロあたり500ベクレル)を超える放射性セシウムが相次いで検出されたことを受け、枝野幸男官房長官は2011年7月28日、宮城県全域の肉牛の出荷を停止するよう指示したと発表した。肉牛の出荷停止は福島県に続き2例目。

   宮城県ではこれまでに、放射性セシウムを含んだ稲わらを与えられた疑いのある肉牛1031頭のうち、県北から県南にかけての3自治体、6頭で基準値を超える値が確認されている。稲わらからの検出も広範囲に及んでおり、県全体での規制に乗り出した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中