栃木県でも牛肉全頭検査 導入は10県に

印刷

   各地の牛肉、稲わらから暫定規制値を超える放射性セシウムが検出されている問題で、栃木県の福田富一知事は2011年7月28日、県産牛肉の全頭検査を実施する方針を明らかにした。栃木県では22日、那須塩原市産の牛肉から暫定規制値を超える放射性セシウムが検出され、すでに抽出式の「全戸検査」を開始している。

   全頭検査を実施するのは、これで10県になった。栃木県の肉牛出荷数は全国第5位の年間約5万5千頭(2008年)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中