2018年 7月 19日 (木)

栃木県でも牛肉全頭検査 導入は10県に

印刷

   各地の牛肉、稲わらから暫定規制値を超える放射性セシウムが検出されている問題で、栃木県の福田富一知事は2011年7月28日、県産牛肉の全頭検査を実施する方針を明らかにした。栃木県では22日、那須塩原市産の牛肉から暫定規制値を超える放射性セシウムが検出され、すでに抽出式の「全戸検査」を開始している。

   全頭検査を実施するのは、これで10県になった。栃木県の肉牛出荷数は全国第5位の年間約5万5千頭(2008年)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中