2018年 7月 18日 (水)

学校給食の放射線チェック 白河市が測定器導入

印刷

   白河市は、学校給食の食材の放射線量を簡易測定する機器2台を購入、市内2か所の給食センターに設置することを決めた。2学期から活用される。8月2日付で福島民友が伝えた。

   保護者からの給食食材の安全性への不安や心配にこたえて設置を決めた。購入費は1039万円。

   また、市は1日から小型線量計(ガラスバッジ)の配布を始めた。妊婦、乳幼児、保育園児、幼稚園児、小中学生の約1万人が対象。通学路などの除染作業を行う町内会やPTAなどには補助金を交付する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中