2019年 2月 18日 (月)

韓国ネットユーザーの日本サイバー攻撃 今年はTBSもターゲット、と予告

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   8月15日の終戦記念日が近づくにつれて、例年のように問題となるのが韓国からのサイバー攻撃だ。官公庁や2ちゃんねるがターゲットになることが多いが、今度はテレビ局もターゲットとして名指しされている。何があったのか。

8月15日の13時に攻撃するように求めている

   日本のサイトの攻撃を計画しているのは、大手ポータルサイトの中に立ち上がった「ネットテロ対応連合」と呼ばれるコーナー。韓国に敵対的な意見も多い2ちゃんねるが攻撃の対象になっているのは例年通りだが、様子が違うのが、日本のTBSも、その対象になっている点だ。

   呼びかけサイトでは、TBSのサイトのIPアドレスを指定した上で、8月15日の13時に攻撃するように求めている。TBSと言えば、2ちゃんねる上では「韓国寄りで反日的」などと批判されることも多いが、今度は韓国側からターゲットにされた形だ。

   この背景にあるのが、7月3日に放送されたバラエティー番組「美女アスリート総出演 炎の体育会TV2011」。番組は「男性芸人が本気で勝ちに行く!」との触れ込みで、男性芸人が女性選手と10競技で戦うというもの。「シュートボクシング」の部では、オードリーの春日俊彰さん(32)ら3人の芸人が、韓国のイム・スジョン選手(25)と対戦。なお、イム選手は「格闘界のキム・ヨナ」との異名も持つという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中