2018年 7月 21日 (土)

原発輸出継続、「事故調・IAEAの調査結果踏まえる」

印刷
定例会見に臨む枝野幸男官房長官
定例会見に臨む枝野幸男官房長官

   枝野幸男官房長官は2011年8月5日午後の定例会見で、政府が原発輸出を当面継続するとした答弁書を決定したことについて、福島原発の事故調査・検証委員会や国際原子力機関(IAEA)による調査が進んでいることを念頭に、

「これら調査の結果や検討状況を踏まえつつ、出来るだけ早い時期国際的な原子力協力のあり方についての我が国としての考え方を取りまとめるのが基本」

と、安全対策を重視した上で継続する考えを示した。答弁書では、各国との原子力協力について、

「外交交渉の積み重ねや培ってきた国家間の信頼を損なうことのないよう留意し進めていく」

としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中