「ピカチュウ」酷似の「エコハちゃん」着ぐるみ使用断念

印刷

   ゲーム「ポケットモンスター」のキャラクター「ピカチュウ」に酷似しているという指摘の出ていた山口県宇部市のエコキャラクター「エコハちゃん」について、市は2011年8月11日、今後着ぐるみを使用しないと発表した。

   5日に、ポケモンブランドのマネジメント会社に経緯を説明。ポケモンブランドへの影響や、「似ている」という指摘が多数あったことを受け止め、使用を差し控えることにした。オリジナルのイラストについては、今後も積極的に使っていくとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中