北朝鮮、砲撃を否定 韓国側は反発

印刷

   北朝鮮軍が韓国・延坪島(ヨンピョンド)付近海上を砲撃したとされる問題で、南北軍事実務会談の北朝鮮側の団長が2011年8月10日、「工事に伴う発破作業の音を砲撃だと韓国側がねつ造している」と指摘した。北朝鮮の朝鮮中央通信が報じた。

   一方、韓国の聯合ニュースは8月11日、北朝鮮側による砲撃否定コメントに対し、韓国の合同参謀本部関係者が「観測装備で着弾地点を確認した」と反発していると伝えている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中