野田財務相 自公との大連立で「救国内閣」目指す

印刷

   民主党代表戦に出馬する意向を固めている野田佳彦財務相は2011年8月13日、「田勢康弘の週刊ニュース新書」(テレビ東京)に生出演し、自らが次の代表に選ばれれば、自民党・公明党との大連立による「救国内閣」を目指す考えを明らかにした。

   野田財務相は震災からの復旧・復興と財政問題解決のためには「何党うんぬんというそんな小さな政治をやっている場合ではない」とし、今の状況では「連立でないと政治が進まない」と大連立の必要性を強調。

   また連立の前提として「与党の中がまとまっていないとだめだ」と党内一本化への決意を示し、その上で「頭を下げて野党の皆さんに正面玄関からノックする」と、対話によって野党の理解を求めていく考えを示した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中