2019年 8月 24日 (土)

「甘いパパ」に学費を払ってもらう 米国で女子大生「ネット援交」急増

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   インターネットを利用した女子大生の援助交際が、米国内で急増している。米ネットメディアの「ハフィントン・ポスト」が2011年7月28日に特集記事を掲載し、話題となっている。

   若い女性に金や高級品を与えて関係を持つ中高年男性を「シュガー・ダディー」(女性はマミー)、援助を受ける側を「シュガー・ベイビー」と呼ぶ。このダディーとベイビーをマッチングするサイトが、「学費目的の女子大生」にじわじわと人気を集めているというのだ。

ニューヨーク大498人、ハーバード大231人

「Seeking Arrangement」のトップページ
「Seeking Arrangement」のトップページ

   アメリカの大学の授業料は、年間約1万5000~4万5000ドルとされ、裕福な家庭でなければ支払うのは難しい。ハフィントン・ポストによると、2011年の大学卒業生が抱える学資ローンは平均で約2万7200ドル(約200万円)に上る。

   近年、「援助」を売りにしたデートサイトで学費目的の女子大生の登録が目立ち、中には学費目的のシュガー・ベイビー専門のサイトもある。注目されているのは、会員約80万人の「Seeking Arrangement(シーキング・アレンジメント)」というサイトだ。07年に約3万8000人だった大学生の登録数は、11年7月には約18万人まで急増したという。

   シーキング・アレンジメントでは、シュガー・ダディーの月会費は50ドルで、プレミアム会員だと2400ドル。一方のベイビーは無料だ。大学生の登録増を受け、ベイビーが大学発行の「.edu」ドメインのメールアドレスを登録すれば、VIPのダディーへのアクセス権が与えられるというシステムも導入されている。

   「23歳の医大生」を名乗る女性シュガー・ベイビーのプロフィールを見ると、複数の顔写真のほか、身長、体型などの特徴が記載され、「経済的な援助を求めています」といったコメントが書かれている。ダディーに求める月あたりの援助額はこの女性だと「オープン(交渉に応じる)」となっている。ほかでも「オープン」が多いが、「月3001~5000ドル」などと明示しているベイビーもいる。

   ハフィントン・ポストによると、このサイトに登録している有名大学のシュガー・ベイビーは、ニューヨーク大学が1位で498人、カリフォルニア大学が8位で253人、ハーバード大学が9位で231人という。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中