2019年 8月 20日 (火)

観光協会ブログ炎上、イベント中止… 「まんべくん」騒動が広がる

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   北海道・長万部町のキャラクター「まんべくん」がツイッターで「どうみても、日本の侵略戦争が全てのはじまり」なとど発言して炎上した問題で、余波が広がっている。

   ツイッターの運営が中止なるだけでなく、各地で開かれる予定だったイベントが中止に。過去の問題発言も蒸し返され、謝罪文が掲載された観光協会のブログも炎上状態だ。

ぬいぐるみなどの関連グッズもお蔵入り?

   ツイッターの運営中止は2011年8月16日に発表された。長万部町は、まんべくんのツイッターを運営する会社に「政治と宗教の話題には注意するように」などと事前に指示していたものの、これが守られずに炎上。町役場に苦情の電話が多数寄せられたこともあって、ツイッターは中止に追い込まれた。翌8月17日の10時33分に「まんべくんのツイッターは中止となりました」と書き込まれたのを最後に更新されていない。

   だが、その余波は続いている。8月から9月にかけて、東京・秋葉原、名古屋、福岡で「まんべ会」と呼ばれるイベントが企画されていたが、いずれも中止が決定。8月18日からは、チケットの払い戻しが行われる。

   また、ツイッターを運営している会社はぬいぐるみなどの関連グッズも販売しているが、長万部町が同社への使用許諾を取り消したことから、グッズも「お蔵入り」になる可能性もある。

   さらに、過去の発言を蒸し返す動きもある。例えば、7月には特定の声優を名指しして

「盗撮しにいくか…」
「精神的に追い詰めるか…」
「ストーカーするか…」

と発言したことや、寄付先を決めずに被災地への義援金を募っていたことを問題視する声が続出。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中