2019年 12月 8日 (日)

中国で可能なのは塗装や座席の取り換え 人民日報明かす高速鉄道「独自開発」の真相

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

システムの核心部分やソフトは海外輸入品を集めて使っている

   自動制御システムに至っては、ソフトウエアのソースコードが分からないという。エンジニアの証言によると、システムの核心部分やソフトは海外から輸入したものを集めて使っており、ドイツ人技術者によるサポートを得られるまでシステムの不具合の修正に手が付けられなかった。

   人民日報がここまで内情を明かしたのは、高速鉄道が中国オリジナルとは言えないことを事実上認めたともいえる。衝突事故前に「独自開発」と胸を張っていた王勇平報道官は8月16日に解任されたと伝えられた。「世界最速」を誇っていた時速350キロの運行も、16日に実施されたダイヤ改正により300キロに減速されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中