2019年 2月 20日 (水)

被災地で診療したニセ医者逮捕 動機は本当にボランティア?

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   被災地で医師を騙り、医療行為まで行っていたニセ医者が2011年8月19日逮捕された。動機は「ボランティア」だったというが、助成金に執着していたという話も出ている。過去には結婚詐欺を働いた、という報道もあり、何が目的だったのか、真相は謎だ。

   逮捕された米田吉誉容疑者(42)は4月中旬から石巻市で医師として活動。「米田きよし」という名前でキャンピングカーを駆って現地に乗り込み、その近くで診察行為をしていた。

「認定証」は業者が2万円で作成?

   8月10日付けの朝日新聞「ひと」欄にも取り上げられ、元々カナダの大学病院所属の小児救命救急医だという経歴が紹介された。しかし、「医師ではない」という情報が寄せられ、12日付けの紙面で「経歴に虚偽の疑いがある」としてお詫び文を掲載した。

   そして、19日に医師法(名称の使用制限)違反容疑で逮捕された。6月下旬、医師でないのに石巻市で団体職員に「医師国家資格認定証」と記載されたカードのコピーを渡し、医師を騙ったとされている。

   逮捕直前にマスコミの取材に応じていて、それらをまとめると、海外での医師免許は持っているが日本のは持っていない。「認定証」はネットで業者に2万円で作ってもらった。日本財団からもらった助成金100万円は炊き出しなどに使い、ほとんど残っていないという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中