2019年 7月 22日 (月)

人気漫画が国会図書館にない 「文化財」伝えられない危機も

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「国立国会図書館法」では「文化財の蓄積及びその利用に資するため」全ての出版物を国立国会図書館に納本するよう義務付けており、漫画もその例外ではない。どんなマイナーな作品でも18禁の作品でも、全ての作品は国会図書館に納められている「はず」だ。

   ところがネット上では「多くの人気漫画のコミックス(単行本)が、国会図書館に入っていない」との指摘が上がっている。中にはアニメ化された作品や国際的に評価が高い作品もある。「漫画大国」の貴重な「文化財」が、将来に伝えられないおそれさえ出ている。

中堅出版社ではコミックスの未納が慣行

   国会図書館への納本は普通、出版社、あるいは取次会社によって行われる。たとえば集英社では取次会社を通じて全ての書籍・コミックスを、国会図書館に納めているという。

   では中堅の出版社のものはどうか。国会図書館の蔵書検索で調べてみると、「よつばと!」(アスキー・メディアワークス)、「ひだまりスケッチ」(芳文社)、「HELLSING」(少年画報社)、「かんなぎ」(一迅社)といった人気漫画が全くない、あるいは一部の巻しか収蔵されていない状況だ。人気漫画でさえないのだから、主に中堅どころの出版社から出たコミックスはごっそり抜け落ちているとみられる。

   そこで芳文社、また少年画報社、一迅社に問い合わせると、いずれも「コミックスに関しては、国会図書館からの指摘がない限り特に納本はしていない」との回答だった。3社とも「特に理由はない」という。

   取次大手のトーハンによれば「大手出版社では納本分をきちんと指定してくるところが多いが、それ以外の出版社では特に雑誌・ムック・コミックスなどについて、納本への意識が薄い出版社が少なくない」。中堅出版社ではコミックスについては、納本を行わないことがかなり以前から慣行になっているらしい。芳文社の担当者も納本漏れの指摘に戸惑い気味で、

「よその出版社もされているようなら、今後は全出版物の納本も検討したい」

   ちなみに「国立国会図書館法」では正当な理由なく納本を怠った場合、小売価格の5倍以下の過料を課すと定めている。しかし今のところ実際に適用された事例はなく、あくまで出版社の自主的な協力に委ねられていると言っていい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中