2020年 1月 20日 (月)

浜崎あゆみ「大トリ」を突然辞退 どんな確執があったのか

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   歌手の浜崎あゆみさん(32)が、イベントで恒例だった大トリを自ら辞退したことをツイッターで告白して波紋を呼んでいる。所属のエイベックスに抗議したことがきっかけというが、一体何があったのか。

   このイベントは、エイベックスが主催する夏の野外音楽フェスティバル「a-nation」。浜崎あゆみさんは、初回を除いて8年連続で大トリを務めていたが、2011年8月27日の東京公演からそれを降りてファンらに驚きが広がった。

共演者の出演中止でイベントに不信感

突然の告白が波紋
突然の告白が波紋

   浜崎さんの代わりに、大トリを務めたのは、5人から2人にメンバーが減って再出発した韓国の男性アイドルグループ「東方神起」だった。浜崎さんは、東方神起の一つ前に歌った。

   報道によると、その理由は「演出上の都合」とされたが、マスコミへの事前資料では浜崎さんが大トリになっていた。それだけに、ネット上では、様々な憶測が吹き出した。過去のイベントでは、東方神起の出演が終わった後に帰るファンが続出したことから、その対策ではとのうがった見方も出たほどだ。

   浜崎さんは、ツイッターで次々に寄せられる疑問に対し、このイベントのあと3日間続けて、大トリを降りたわけについて釈明した。

   それによると、a-nationのイベントで歌う曲目のセットリストには、31日発売のミニアルバムで披露する韓国人アーティストJUNOさん(24)との曲が含まれていた。JUNOさんとは、東方神起から分かれた3人でつくる「JYJ」の1人、ジュンスさんの双子の兄だ。ところが、JUNOさんの出演中止を突然強いられ、代わりに、ミニアルバムで別の曲を共演する「AAA」の浦田直也さん(28)が、JUNOさんとの曲を歌うことになった。

   浜崎さんは、これをきっかけにa-nationのイベントに不信感を持ち、主催者でもあるエイベックスに抗議。出演そのものを辞退しようかとも悩んだが、ファンやスタッフのことを考え、思い留まった。その代わりに、東京公演2日間の大トリを自ら辞退したいと申し出たというのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中