2018年 7月 20日 (金)

4人に3人「スマートフォンは必需品」 ネット調査

印刷

   インターネット調査を手掛けるクロス・マーケティングは2011年8月29日、スマートフォン利用者の実態調査に関する結果を発表した。対象は、スマートフォンを使っている18~49歳の男女1250人。

   スマートフォンの必要性について、74.5%が「生活するうえでなくてはならないもの」と回答し、「必需品」として定着してきていることが明らかになった。使い道としては、趣味や役に立つ情報を集めるツールとして利用する「趣味・実益派」が36.3%と最も多く、動画や音楽コンテンツを楽しむ「エンタメ派」が15.0%、仕事中心で使う割合も10.1%に達した。一方、従来型の携帯電話でも可能なメールや通話といった機能を中心にしている人は17.8%に上った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中