2019年 11月 20日 (水)

「K-POPが世界中で人気?笑わせないで」 CNN運営サイト記事が波紋

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   米CNN運営のサイトに掲載された韓国のK-POPに関する記事が話題になっている。K-POPが世界中で人気だ、と報じる韓国メディアを皮肉った内容で、世界中の読者から賛否両論が出ている。

   2011年5月、「CNN Go」のオピニオンコラム欄に掲載された記事で、「K-POPが世界で人気? 笑わせないで」というかなり強烈な見出しだ。

世界最大の音楽市場が全然気にかけてない

話題になっているコラム記事。
話題になっているコラム記事。

   筆者は、「Esther Oh」という若い女性で顔写真を見るとアジア系の様に見える。カリフォルニア出身で現在はソウルに居住。フリーライターとして活動する一方で、現代韓国文学に詳しく、韓国語の通訳、翻訳を行っているとプロフィールに記載されている。

   記事にはこう書かれている。

「K-POPがアジアでは人気だが、世界中を席巻しているという誇大広告を信じてはいけない。世界最大の音楽市場が全然気にかけてないのだから」
「韓国メディアが、(韓国の)Wonder Girlsがアメリカでいかに成功しているか、Rainがどれだけ『世界的スター』であるかとわめく記事を読む度にうんざりします」

   K-POPが韓国国外でも聴かれ、一定数のファンを持っていることには「同意する」が、韓国メディアの報道が余りに「ばかばかしいほど一方的」だというのだ。

   歌手のBoAが米国デビューしたとき、韓国では「BoAが西洋で韓流運動の先端に立っている。BoAはBring on America(アメリカを連れてくる)の略だ」と報じられた。しかし、BoAは世界的に有名なクリエーター陣と一緒に作品を作ったにも関わらず失敗。同じく韓国の歌手Se7enも米国の著名プロデューサーのもとでデビューを飾ったが同様だったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中