「渋谷公会堂」の名称復活 サントリー命名権延長せず

印刷

   東京・渋谷区役所隣のコンサートホール「渋谷C.C.Lemonホール」のネーミングライツ(命名権)が2011年9月30日に終了し、10月1日から「渋谷公会堂」の名称に戻ることがわかった。

   渋谷公会堂は1965年にオープン。ミュージシャンの登竜門として「渋公」の略称で親しまれてきたが、渋谷区の収入源確保などのため2006年に命名権を売却した。権利を取得した電通がサントリーに転売し、10月1日から5年間契約で「渋谷C.C.Lemonホール」として運営されてきた。

   渋谷区によると、サントリーからの延長の申し出がなかったという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中