次世代高速通信「LTE」でデータ定額制

印刷

   NTTドコモは2011年9月8日、現状の3Gよりも高速な「LTE」によるデータ通信サービス「クロッシィ」について、新たな料金プランを発表した。「フラット型」と呼ばれるもので、2年間契約することにより上限を5985円とする「定額制」を設けた。ただし通信量が一定に達すると、通信速度が制限される。2011年10月上旬から開始し、12年4月30日まではキャンペーン価格として4410円となる。

   従来適用されていた、通信量に応じた2段階制の料金プランも継続し、利用者は2つのプランから選択できるようになる。

   あわせてドコモは、「クロッシィ」に対応したタブレット型端末の2機種を発表した。2011年10月中旬に発売の予定。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中