NHK、地デジ完全移行で解約9万件

印刷

   NHKの松本正之社長は2011年9月8日の定例会見で、地上デジタル放送への完全移行(被災3県を除く)後、8月末までに放送受信契約の解約申し出が約9万件寄せられたことを明らかにした。

   放送法では、NHKを受信できる設備を持つ世帯は、NHKと放送受信契約を結ぶ必要がある。7月24日のアナログ放送の停波をきっかけに、テレビを見ることをやめた人が多く出た結果、解約の申し出が相次いだとみられる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中