2020年 11月 24日 (火)

地元事務所はゴルフセンター内! 平山誠参院議員の「不可解」

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   民主党会派で活動する比例代表無所属の平山誠参院議員(59)が、地元事務所をゴルフセンター内に置いていることが分かり、憶測を呼んでいる。平山議員側は、参院支給の航空券でゴルフを楽しむ目的ではないかとの疑惑を否定しているが、なぜゴルフセンター内なのか。

   この疑惑は、2011年9月28日の参院予算委員会で、自民党の世耕弘成幹事長代理が指摘して発覚した。

参院支給の航空券使用時に「振興ゴルフ」は認める

   平山誠議員は、参院に届け出る地元住所として、10年2月から宮崎県内にある民主党・横峯良郎参院議員(51)の自宅の住所と近似したものにしていた。ただ、漢字1字が違うなどして、まったく架空の住所だった。世耕氏の問い合わせで26日に住所を書き換えたが、今度はそれが横峯氏主宰の「さくらゴルフアカデミー」が入った宮崎市内の宮崎空港ゴルフセンター内だったというのだ。

   月に4往復できる航空クーポン券を平山氏が毎月支給されていたことから、世耕氏は、「航空券でゴルフをするためでは」と予算委で疑惑を指摘した。もしこれが本当なら、羽田―宮崎間は、普通運賃で片道3万6870円かかり、これまでに600万円近い血税が私的に使われていたことになる。

   平山氏の出身は、埼玉県だ。なぜ地元住所を宮崎県に、それもゴルフセンター内に置いていたのか。

   国会事務所の秘書は、取材に対し、こう説明する。

「横峯さんと懇意なため、宮崎県で地元の人を紹介してもらっていました。それ以来、月に数回、陳情を受けたり会合に出席したりするために行っています。事務所をゴルフ練習場に置いている事実はありません。ゴルフセンターは、託児所や学童クラブなどが入った複合施設だからです。その前も、横峯さんの自宅に事務所があったわけではなく、隣のスポーツ施設に事務所スペースがあったのを借りていました」

   ただ、航空クーポン券を使ったときに、ゴルフをしたことは否定しなかった。

「スポーツ振興や子どもたちの育成のために、ゴルフをすることはあります。しかし、それは決して『楽しむゴルフ』ではありませんよ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中