2019年 9月 23日 (月)

日本はワクチン後進国 「自己負担」の接種が多すぎる

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

あつものに懲りてなますを吹く状態

   日本のワクチン接種が海外に比べて貧しい原因は、過去に生じた大規模な訴訟が影響しているといわれる。おたふく風邪は一時、国内でも接種が義務づけられていたが、副作用問題が発生。国などを相手取った損害賠償請求訴訟が相次いだ。定期接種は国の責任で実施されるため、健康被害が生じた場合に財政負担が膨らむ。このため、「厳しい財政事情の中では、なかなか定期接種は広がらない」との指摘がある。いわば、あつものに懲りてなますを吹く状況なのだ。

   だが、ワクチンは改良され安全性は高まっていて、専門家の間では、接種しないことで感染リスクが高まっているというのが常識。日本小児科学会などは昨秋、厚生労働相に予防接種法の改正を求め、予防接種で予防できるすべての疾患について、ワクチン接種を無料化するよう要請した。ワクチン接種の在り方を抜本的に検討し直す時期が来ているといえそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中