京都府の児童ポルノ条例成立へ 初の「廃棄命令」条項

印刷

   京都府議会の府民生活・厚生常任委員会は2011年10月4日、18歳未満の児童ポルノ所持を禁じる条例案を賛成多数で可決した。10月7日の本会議で可決される見通しで、可決された場合、12年1月から施行される。

   条例案では、知事が児童ポルノの所持者に対して廃棄命令を出せる条項を全国で初めて盛り込んだ。従わない場合は30万円の罰金が科せられる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中