2018年 5月 22日 (火)

孫社長苦笑い「ムチャクチャ」 「iPhone 4S」安値戦争の行方

印刷

   米アップルの「アイフォーン(iPhone)4S」の予約が始まった。これまで独占販売していたソフトバンクモバイル(SBM)に加えて、KDDIからも発売となるため、両社の料金体系に注目が集まった。

   月額データ通信料はKDDIがSBMより割高だが、端末料金は若干安い。SBMは、既存顧客をつなぎとめようと「大盤振る舞い」にも見えるプランを用意した。

端末代はKDDI、データ通信料はソフトバンクに「軍配」

「iPhone 3GS」利用者や「iPad2」購入希望者には朗報か(写真は初代iPadとiPhone 3GS)
「iPhone 3GS」利用者や「iPad2」購入希望者には朗報か(写真は初代iPadとiPhone 3GS)

   「iPhone4S」の予約開始日となる2011年10月7日、先に料金プランを明らかにしたのはKDDIだった。データ通信はパケット定額制を採用し、月額4980円に設定した。端末価格は、16ギガバイト(GB)が実質0円、32GBが1万320円、64GBが2万640円となる。それぞれ2年間の継続契約を前提として毎月の支払いから一定額が割り引かれるため、16GBモデルは計算上ゼロになるというわけだ。

   一方SBMは、孫正義社長が10月7日午後に緊急会見を開き、料金体系を説明した。データ通信は現行モデルの「iPhone 4」と同じ月額4410円に据え置き、KDDIよりも安く抑えた。一方端末は、16GBは実質0円と同じだが、32GBは1万1520円、64GBが2万1120円とこちらはKDDIより若干高い。それでも孫社長は「世界で最も安い価格になっているのではないか」と話した。

   また販促キャンペーンの一環で既存、新規双方の顧客に向けて、多機能情報端末「iPad2」の割引を提示。「3Gモデル」を購入した場合、データ通信を100MBまでと上限を設けているものの、パケット定額料金など基本料金を無料にする。

   「iPhone 3G」「iPhone 3GS」という旧モデルの利用者にも特典を示した。「iPhone」は2年契約で、端末代を毎月分割で支払うのが基本だが、特に2009年6月に発売した「3GS」は現時点で契約期間を満了していないケースが少なくない。通常のケースでは途中で解約した場合、残存期間分の端末料金を払わねばならなくなる。これを、「iPhone 4S」に機種変更した場合には免除するというのだ。

   孫社長が会見中、やや苦笑いを浮かべながら「ムチャクチャ」と表現するほどの割引攻勢をかけてきた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中