インドネシア・バス事故 死亡したのは京都出身女性

印刷

   インドネシアのジャワ州で2011年10月7日、外国人観光客らを乗せた小型バスが崖から転落し、乗員4人が死亡した事故で、4人のうち1人は京都府出身の日本人女性であることが明らかになった。

   死亡したのはベルギー在住の松下一代さん(42)。松下さんは友人と一緒に観光でインドネシアを訪れていた。バスはカーブを曲がりきれずに転落したと見られ、定員オーバーだったという可能性も指摘されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中