2019年 8月 21日 (水)

長時間パソコンで眼精疲労やドライアイ 「ブルーライト」が原因か

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   長時間パソコン(PC)を使ったデスクワークのあと、「文字がぼやける」「光がギラギラする」といった眼精疲労やドライアイを招くケースは少なくない。じつは最近、こうした目の症状を訴える人が増えているようなのだ。

   その原因の一つとみられているのが「ブルーライト」。PCだけではなく、テレビやスマートフォンなどの液晶画面から発せられる青い光の目への影響が懸念されている。

きれいに見える液晶画面に思わぬ副作用?

PCの「ブルーライト」が眼精疲労の原因かも…(写真はイメージ)
PCの「ブルーライト」が眼精疲労の原因かも…(写真はイメージ)

   2011年10月10日の「目の愛護デー」を前にオリコン・コミュニケーションが発表した「サラリーマン・OLの『目』に関する調査」によると、PCや携帯端末などのモニターを見るために1日平均11時間も目を酷使し、サラリーマンやOLの94.0%が「目の疲れを感じる」ことがわかった。

   また、どのような要素が「目」に悪影響を及ぼしているか聞いたところ、「乾燥」が73.9%、「紫外線」が57.0%、「ハウスダスト」23.4%と続き、1割程度であるが、「ブルーライト」も13.6%あがった。

   ブルーライトとは、可視光線の中で短波長の青色領域の光を指し、目の角膜や水晶体まで吸収されずに網膜まで到達するエネルギーがもっとも強い光のこと。

   最近は「画像がきれいに見える」と、PCやテレビ、スマートフォンなどの液晶モニターが普及していて、そのバックライトに使われているLED(発光ダイオード)によって青色領域の光が増加しているとされる。

   南青山クリニックの井手武副院長は、「ブルーライトの目への影響などについては現在検証を進めているところです。長期的な使用によって眼精疲労や目の網膜への影響、生態リズムの変調を来たして睡眠不足に陥るといった症状などを検証すべきという声がでていますし、眼精疲労やドライアイの患者が増えてきている印象はあります」と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中