小沢元代表退院、第2回公判は延期せず

印刷

   尿管結石で都内の病院に入院していた民主党の小沢一郎元代表は2011年10月10夜、退院した。結石はまだ体内に残ったままで、自宅療養を続ける。

   10月14日に行われる自身の第2回公判には予定通り臨む考え。小沢氏は初公判が行われた10月6日夜に腰の痛みを訴え、都内の自宅から病院に緊急搬送されていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中