出てきた「年金支給68歳から」 厚労省が見直し案提示

印刷

   厚生労働省は2011年10月11日、厚生年金の支給開始年齢を68歳まで引き上げる見直し案を、社会保障審議会年金部会に示した。民主党政権は6月に「税と社会保障の一体改革」の中で「68~70歳への引き上げ」案を出しており、その方針に沿ったもの。

   厚生年金の支給開始年齢は現在、3年ごとに65歳まで段階的な引き上げが行われている。厚労省ではこの引き上げについて、(1)3年ごとの引き上げを2年ごとに早め、65歳で支給開始(2)3年ごとの引き上げを続け、68歳で支給開始(3)引き上げを2年ごとに早め、68歳で支給開始、という3つの案を提示している。

   一方で藤村修官房長官は12日の記者会見で、2012年の通常国会への年金引き上げ法案提出については、慎重に判断していきたいとの考えを明らかにした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中