損害保険料率算出機構、自動車保険の等級制度見直し発表

印刷

   損保各社が加盟する損害保険料率算出機構は2011年10月21日、自動車保険制度の見直しを発表した。それによると、事故を起こして保険料請求をした人は、事故の翌年から等級が3段階下がり、さらに3年間は現行制度より高い保険料を求めることが柱になっている。各社は2013年度から、今回の改定にもとづいた独自の保険料を設定する予定だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中