ニューハーフ遺体遺棄事件 「交際相手」の男性逮捕

印刷

   長野県南牧村の別荘地で、豊胸手術をしたニューハーフとみられる沖縄県出身の男性(当時37)の遺体が見つかった事件で、長野県警は2011年10月24日、交際相手とみられるさいたま市南区の会社員、江崎拓史容疑者(47)を死体遺棄容疑で逮捕した。容疑を認めているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中